デマンド自動制御

デマンド自動制御とは?

    デマンドとは、30分ごとに計測された電気の使用量です。

    通常、契約電力は最大デマンド値によって決まり、デマンド自動制御(デマンドコントロールシステム)とは、最大デマンドが目標値を上回らないように制御するシステムです。弊社では、空調機・冷凍機の室外機を間欠運転制御して、消費電力量を削減する仕組みを提供しています。

#

イートスが提供するデマンド制御

    空調機・冷凍機の圧縮機だけを定期的に止めることで、電気料金を削減します。
    圧縮機とは、夏場であれば冷風(冬場は温風)を作る心臓部とも言える存在です。また、圧縮機は空調機・冷凍機の消費電力のうち90%以上を占めています。

    この圧縮機をタイマー形式で15分間に3分停止することで、停止された時間分の電気料金を削減します。また、冷蔵・冷凍庫のような温度管理が厳密な室内でも、専用温度モニタリングシステムが室内温度を感知し、設定温度の範囲内で運転制御を行うこともできます。このような動きをすべて全自動で行い、制御するのは圧縮機だけですので制御中も送風状態となり、快適な温度環境を保持します。

    圧縮機のダメージや負荷を与えない状況を自動で認識し、空調本来の停止動作と同様のプロセスを経て制御を行う為、設置していない状況と同様の機器寿命を維持できます。
    さらに、デマンド監視装置と連動することでデマンドを低減でき、電力会社との協議により導入翌月から基本料金も削減できます。

    付属のソフトウェアで見える化・分析もできます。

#

詳しくは・・・

省エネ成功事例

【2014年3月号】冷凍冷蔵・空調機の圧縮機自動制御で契約電力15%削減!電力使用量も20%削減!

#

環境メールマガジンはこちらから!

#

増子良一インタビュー

#

幼稚園・保育園向けメール配信サービス


わたしたちがご説明に伺います。

小笠原 大輔
小笠原 大輔
東京オフィス
増子 英典
増子 英典
東京オフィス
猪狩 正夫
猪狩 正夫
仙台本社
畑中 晢也
畑中 晢也
仙台本社
小濱 孝仁
小濱 孝仁
仙台本社
植田 智也
植田 智也
仙台本社